女性って恐ろしい 

これは人口研の調査なので、そこらへんの適当な世論調査とは違う。
http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou13_s/point13s.asp
http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou13_s/Nfs13doukou_s.pdf
続きを読む

国家の関与すべきこと 

以下の記事を例に、私の考える「政治・刑事⇔文化・民事」への国の関与の在り方について。
経産省、ゲーム産業戦略策定へ

 経済産業省は26日、家庭用テレビゲームなど国内ゲーム産業の国際競争力を強化するため、「ゲーム産業戦略」を策定することを明らかにした。日本のゲーム産業は映画や音楽と違って、輸出が輸入を大幅に上回り、国際的に優位に立ってきた。しかし、最近はアメリカや韓国、中国が躍進して地位が脅かされており、今後5年間に取り組みを強化して巻き返す考えだ。

 戦略は、同日発足した「ゲーム産業戦略研究会」(商務情報政策局長の私的研究会)で議論し、7月上旬に公表する。具体的には、介護や教育用ゲームなど社会性が高く、需要拡大が見込まれる分野での積極的な開発を促す方針だ。青少年への悪影響など社会的健全性についても改善策を協議する。優れた開発者の表彰制度も検討する。

 日本製ゲームソフトは、1998年にはアメリカでの売り上げ本数上位10位に7タイトルが入ったが、2005年には2タイトルに減った。インターネットを通じた「オンラインゲーム」でも、日本の3倍以上の市場規模を持つ韓国が、アジア市場で躍進している。

(2006/4/27 読売新聞)

続きを読む

象徴なんて糞喰らえ 

また一人、可哀想な子供が産まれた。
この日本で、ほぼ唯一と言ってよいであろう、自分の意思で自分の歩む道を選ぶことが許されない存在。

人は生まれながらにして、自由であるべきだ。
サラリーマンになるか、プロ野球選手になるか、エロゲのクリエイターになるか、それは本人が選ぶべきだ。

もちろん、それには対価を支払わなければならない。
人の下で仕えるか、誰よりも汗水流して練習するか、自らの才能を何とか引き出さなくてはならない。
でも、そのリスクも踏まえて、自分が求めるモノの魅力に向かって突き進むことって、本当に価値の在ることだとは思わないか?

それを、他人が「こうあれ」と望むことなんぞ、私は、認めない。
それは、あまりに、あの子を馬鹿にしている。
あの子の幸せを、人生を、いったい誰が本当に思っているのだろうか。それは、「自分にとってあの子がこうあって欲しい」という価値観を、他者に押し付けているだけではないのだろうか?

もちろん、20歳までは、ある程度の補佐は必要だろう。だけど、そこからの道は、完全に彼一人の手で選ばれるべきだ。そこに至るまでに、彼に数多くの選択肢を用意してあげることが、親の務めではないのだろうか。

人生は素晴らしい。だからこそ、他人の人生を奪うような真似を、私は、絶対に認めない。親であっても認めないものを、ましてや単に同じ国に生まれただけの連中には、認めない。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 狼になりたい all rights reserved. Powered by FC2ブログ