日本GP決勝 

まず、富士スピードウェイ…あの富士の裾野という立地条件はいかがなものか。30年前も今回もそうだが、ドライコンディションは望めないのではないか?



ハミルトンはよく戦ったと思う。

昨日の予選の最終ラップでポールポジションをもぎ取ったことが彼の勝因だろう。最後のアタック後、珍しくハミルトンはガッツポーズを繰り返した。その意味をわかってたんだろうな。

結果してセイフティカー先導のスタートとなれば1コーナーで脅かされることもなく、無事に先頭へ。
そうすればあとは最も前にウォータースクリーンの無い状況で走ることができた。皮肉にもアロンソのクラッシュによりセイフティカーが入ったことが、周回遅れすらも目の前から消失させた。



アロンソは結局、自滅したのかな。

一人着実にポジションを守り続けたコバライネンが表彰台に上がったように、結局アロンソは彼のペースを守れれば、チャンスはあったはずだ。ハミルトンだって何もなかったわけではないのだから。



フェラーリ汚え!

マッサの最後のピットインは、ライコネンの順位を上げるためのピットインだろ?
確かにマッサをパスしたら、(例えそれがガチンコバトルでも)その時点でチームオーダー疑惑がかかる。コンストラクターズタイトルを気にしなくてよいとはいえ…。



それでも2位を死守したコバライネンに拍手。

開幕戦でフラビオに酷評されてもそれにめげず(?)着実に小さなポイントを稼ぎ、いつの間にかフィジケラよりも上に立っている。後半は予選も含めて着実。このレースも、何のミスも無く走っていたのは、ハミルトンと彼だろう。

アロンソがリタイヤしたから、これでコバライネンは完走率でハミルトンに次ぐNo.2になる。
確かにズバ抜けた速さは見えないのだが、これはこれで立派な個性か。まあ正直なところ、こういうタイプのドライバーってタイトル争いに絡むようになるとはあまり思えないのだが、No.2向けの(?)ドライバーかと。

日本GPを前に 

私のようなF1を「見る」人の立場からもよく思うのだが、F1って、普段から目にしていない人がいきなり見て、楽しめるものなのだろうか。

よく、「ぐるぐるサーキットを回っているのを見て何が面白いの?」という話を聞く。正直言って、これが、普通の感覚ではないかと思うのだ。



現代F1の凄さは、視覚的な部分では掴めないのだと思う。

約1時間半のレースで結果的に「10秒」の差が付いたら、それは「セイフティーリード」という極限の世界。約1分半の予選アタックで、同じマシンに乗るチームメイトに対し「コンマ5秒」遅れたら、それは致命的に劣るという厳しい評価。そして、そういう周回を何十周も、ミス無く行うことが求められるということ。

どんなレースゲームであれ、サーキットを何周もしながら、全く同じラップを刻み続けるプレイヤーがどれだけいるだろうか?
F1ドライバーとは、それを当たり前に行うことが「大前提」なのだ。

しかも、サーキットとマシンの状況が刻一刻と変化する。
路面にはラバーが乗ってグリップレベルが上がり、マシンは燃料が減ってその分軽くなる。つまり、「前の周と同じ走り」をしてはベストタイムが出ない。常にその時々のマシンの挙動と周囲の状況を掴まなくてはならない。

今回の富士は改修後初のF1開催であり、ここを走ったことのないドライバーも多い。だけど、ルーキーであるハミルトンを初め、そんなことは「関係ない」のだ。
なぜなら、どんなサーキットであれ、「同じ状況」は発生しない。F1ドライバーに求められるのは、「今の」状況下での走り。そういう意味では、どんなサーキットであれ、「初めて走る」のと何も変わらないのだ。



針の穴を通すかのような、極限の極限たる世界。それが、F1なのだと思う。

世界モータースポーツ評議会(WMSC)聴聞会議事録から 

アロンソとシューマッハには似ている点が多いと感じる今日この頃なのだけど、違う点を挙げるなら、「チームとの関わり方」だろうか。
続きを読む

神様なんて信じていない僕らのために 

光市母子殺害事件で、殺された妻子の夫は、今回も証言台に立った。

私は昔から、この件に違和感を感じてならない。
それは、これを読んでいるからなんだろうか。

『神様なんて信じていない僕らのために』(遠藤浩輝)
遠藤浩輝短編集 / 遠藤浩輝
続きを読む

ベルギーGP決勝 

アロンソ、お前、最初のラ・ソースで、ハミルトンの前に出るだけでは飽き足らず、彼をアウトに押し出そうとしただろ?
もちろんあのライン取りは明らかに合法だが、チームメイトに対して取るラインじゃない。

こいつは本当に、「悪い奴」だなあ(褒めている)。
まあ、もう少しで逆効果になったかもしれないところがまだ可愛らしいのだが。
しかし、二台並んで進入したオー・ルージュで、ハミルトンが僅かにアクセルを緩めた一方、アロンソがそのまま踏み込んで行ったところはさすが。



ハミルトン(とそのクルー達)は、アロンソ(とそのクルー達)を上回るべく、1回目のピットストップで燃料を多めに搭載・第2スティントを伸ばす作戦に出た。アロンソの最初のピットストップの方が1周早かったことを利用した、明らかに「勝つため」の作戦だったと思う。
今シーズン、ハミルトン側が「仕掛けた」のは今回が初だろう。

しかしそのハミルトンの狙いを、2回目のピットストップ直後の猛スパートでご破算にしたアロンソの走りは素晴らしかった。燃料を搭載した状態ながら、彼はタイヤのポテンシャルを利用してそのギャップを取り返してしまった。
逆に考えると、ハミルトンの作戦は「攻撃」の中でも非常にコンサバティブなものだったことが見えてくる。むしろ、周回を重ねてもタイムが縮められないのでは、あの作戦自体に意味が無くなってしまった。
確かに最後の第3スティントでハミルトンは必死にアロンソを追ったが、時は既に遅し。むしろコースオフして危ういところだった。



今回のアロンソの走りは、「これがワールドチャンピオンだ」と言わんばかりのものだったと思う。
モンツァでは彼の「速さ」が目立ったが、スパでは彼の「強さ」が見えた。

アロンソはやはり、M・シューマッハの後継に誰よりも相応しいドライバーだと思うのだ。
彼がチャンピオンシップを逆転し、「皇帝」の座に就くことは出来るのか。ただし、彼がそれを果たしたとしても、それなりに「暴君」になると思う(笑)。



ライコネンが、「富士は行ったこともないけど、フェラーリには厳しい状況だ」みたいなことをインタビューで喋ったのが、ちょっと気にかかる。

おそらくは実際にそうなんだと思うが、それを記者会見の場で喋るのか?そして、さらに気になるのが、ライコネンが、「厳しい状況だから日本GPまでの間にエンジニア達と一緒に対策を練ってその差を埋めたい」というような、主体的に何かをするという姿勢を見せないところだ。

彼には、こういう発言が多いような気がする。敗北を「マシンのせいだよ」「ツキがなかった」と言ってしまうようなところが。
確かに、会見の全てが本心ではなかろう。だけど、ライコネンはどうもそれが本音に見えてしまう。

これ、アロンソと並べて見ると非常に物足りないのだ。アロンソが自分の手でポイントを引き寄せてくるような気迫を見せ、そしてそれを実現してみせるのに対し、ライコネンはかなりの部分を他力本願にしているように思えてしまう。
その辺も含めて、彼は古いタイプのドライバーだと思うのだが、それって、エンジニアの側からすればどうなんだろう?と思う。

今回のスパイ騒動、デ・ラ・ロサからアロンソに送られたメールの内容が事実であったと仮定するなら。
おそらく、受け取ったのがアロンソならば、その情報を使うメリットデメリットを考慮した上で「必要」と判断すれば、ソースの如何に関わらず躊躇いなく使うだろう。彼は必要な「全て」を使って、勝ちに行く。
一方、ライコネンだったら。他の有力チームの大物クルーの情報だろうが何だろうが、彼は「使わない」。それはモラルの問題とかじゃなくて、それがメカニックやエンジニアの領域のものだとしか思っていないから。彼はそれが自分にとって「関係のないこと」としか考えないのではないだろうか。

「ステップニーゲート」 

いわゆる「ステップニーゲート」事件に、思ってもみなかった厳罰が下されることになった。

このタイミングで裁定を下すのはどうかな…というところ。アロンソもハミルトンもレースに集中している最中だろうし。
でも、もしかしたら、アロンソにとっては、下手にハミルトンへの対抗意識を燃やすよりも、良い結果に終わるかもしれない。

そもそも、このスパイ騒動が、今シーズンにどのように作用したのか。
今シーズン、ここまでフェラーリが6勝・マクラーレンが7勝と、ほぼ互角の結果を見せている。昨年に比べると、明らかに両チームの差は縮まっている。かえって、両チームのドライバーの「実力差」を露呈する格好となっている。
結果的に、マクラーレンの復活はハミルトンという超大物新人がチャンピオンシップに絡むという意外な展開を見せ、同一チーム内バトルという、近年ではあまり見られなかった一面を見せている。つまり、少なくともエンターテインメント的には、この「スパイ騒動」は、結果的に良い方向に作用したのではないか。もちろん、結果で全てを許すつもりはないが…。

この結果は、様々な方向に波及するような気がする。

エイドリアン・ニューウェイがウイリアムズからマクラーレンに移籍した際、ウイリアムズは最後の一年間彼に仕事を与えず、「庭いじり」をさせたという。
当たり前だが、デザイナーなりエンジニアの「頭の中」に情報…ノウハウは残る。それを、規制できるはずもない。線引きには限界があるのではないか?

個人的には、マクラーレンは「最後」に残ったプライベイターであり、潰すべき存在ではないと思っている。
また同時に、F1は、生き馬の目を抜くような高度な次元にあるべきだとも思っている。よく、シューマッハがパルクフェルメにある勝者のマシン(特にタイヤの状況)をじっと見ていたことがあったが、そういう「許されるレベル」での情報把握は、「やって当たり前」に思う。

セミオートマチックシステム・ハイノーズ・Xウイング等、F1がある意味「模倣」によって進化を遂げてきたことは事実。それが個人の契約上許されない話になりうることは理解できるが、必要以上に過度な規制が生じないことを望む。

ピンチをチャンスに 

自民党の参院選惨敗に端を発したテロ特措法問題について。

見方を変えれば、これはチャンスなのでは。

というのも、海外での自衛隊の支援活動なんてのは、自国のことだけを考えれば、「やらない」方がよいのでは。
海外派遣にはコストがかかるのだろうし、基本的に自国の権益を守るための自衛隊がイラク支援の活動を行ったからといって、直接的な日本のメリットはそれほど多くないのでは。日本が抜けたとしても、おそらくは他の国が代替するのだろうし。

基本的に、国際貢献活動というのは、やらなくて済むなら、やらない方がお得なのだ。

つまり、「野党にダメだと言われたので続けられなくなりました」とアメリカに言ってしまったらどうなんだろう。これを「言い訳」に、コストのかかる責務から逃れられるのであれば、それはそれで良しではないか?
もしそれで国際的に否定的な見解がでるのであれば、自民党はその責任を民主党に向けてやればよい。それは紛れもない事実なのだから。

イタリアGP決勝 

このGPは、今季のアロンソのベストレース。彼は「何も起こさせなかった」。

当たり前にポールを取り、当たり前にスタートを切り、当たり前に周回を重ね、当たり前に勝った。
「これ」を、この大一番でやってのけるのでなければ、「ワールドチャンピオン」には相応しくない。



一方、ハミルトンはあまりぱっとしなかった。…あの場面までは。

アロンソにあれだけ離されたこと、他のマシンに間隙を突かれるギャップを作ってしまったことが、そもそもミスだとも言える。
今回、ちょっと落ち着きを欠いたかのようなところも。スタートで後ろを気にして必要以上にマシンを寄せたこととか(1コーナーはペナルティを取られてもおかしくなかった)。1回目のピットストップでタイヤをロックさせたところも、下手をするとペナルティ。しかもアロンソとのタイム差だけを考えると、あそこは一か八か勝負する必要がある場面でもなかった。

しかし、あのオーバーテイクは神業だった。

イタリアのテレビ局が、あのシーンをライブで放映できなかったことがそれを物語っている。あの場面、ハミルトンはスリップストリームに入ってはいなかった。ライコネンとのギャップは相当あった。オンボード映像を見ても、あそこからフェラーリをオーバーテイクできるとは、とても思えなかった。おそらくはテレビ局の歴戦のクルーも、そうだったのだろう。
何があっても接触が絶対に許されない場面で、ソフトタイヤのグリップが最もある時の状態を見極め、ライコネンのインを見事に突いたのは見事としか言い様がないくらい見事。シケインをショートカットすることもなく、タイミングは完璧の完璧。



これでフェラーリは「終戦」か。
少なくとも、二人のドライバーに差を見せ付けられた格好となった。



ポイント差を計算してみる。

ハミルトン92ポイント。アロンソ89ポイント。

なんだか、このイタリアGPでの+2ポイントは勝敗を分けるものとなりそうな気がしてきた。
1ポイント差と3ポイント差ではハミルトンにかかるプレッシャーが違うだろう。また、残り4戦での3ポイント差は、フェラーリの動向次第でハミルトンが「1勝3敗」でもチャンピオンになれる可能性を残したことにもなる。

意外と、同点で並んだ時の優劣という「1ポイントに満たないリード」がモノを言う時があるので、それを計算してみる。
ハミルトンは3勝・2着5回・3着3回。
アロンソは4勝・2着3回・3着2回。
勝利数ではアロンソが上だから、このまま行けばその「1ポイントに満たないリード」を有するのはアロンソ。そういう意味では、残るGPでのフェラーリの勝利は、ハミルトンにそれを渡さないという意味でアロンソの方に有利に働く可能性がある。
一方、ハミルトンはもう1勝すれば、2着の数で、その「1ポイントに満たないリード」を自分の方に持ってこれる。そうすれば、アロンソの後ろを走っているだけで、チャンピオンが見えてくるのではないか。



次は、スパ・フランコルシャン。
今年から復活した「最高のドライバーズサーキット」は、二人の戦いの場に相応しい。

タイトルの行方 

終盤戦の展開を予想してみよう。

以下、もちろん私的意見であることを前提の上で。
続きを読む

朝青龍のメンタル問題について 

横綱審議委員会って、けっこうトンデモないことを言うという印象があるのだが、今回のは尚更酷いのではないだろうか。>参考
続きを読む

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 狼になりたい all rights reserved. Powered by FC2ブログ