南国行脚(4/30・二日目) 「オケアノス」 

南国行脚(4/29・一日目) 「江戸の仇を」 

「南国」と言っても所詮は九州までなんですが…。
続きを読む

【F1】バーレーンGP 「様式美」 

【F1】中国GP予選&決勝 「ベッテルは水」 

前戦のマレーシアGPで突然のスコールに襲われ、「あの」ベッテルがコースオフしたのを見た瞬間に、「ああ、これはもう続行不可能だ」と思った(笑)。
もし全戦で雨が降れば、ワールドチャンピオンはこのベッテルになると思う。

今回は予選でもポールを獲得。しかも、ドライコンディションでの、昨年のイタリアGPの時と同様にQ2も制しての正真正銘のポールポジションだ。マシンの信頼性の不安ゆえとはいえ、Q2・Q3共に1アタックで最速タイムとは…。

決勝は雨。普通なら、軽いマシンでポールを獲得したドライバーはセッティングや燃料搭載量の面で不利のはず…だけど彼の場合は全然問題ないばかりか、かえって有利に作用してしまったね。



他のドライバーでは、一人だけ他のドライバーとは全く違うラインを採ったハミルトンは流石だと思う。ただ、同じ縁石で三回スピンはないだろ…。

人類は滅ぶのか…断じて否 

私はこれでも地球温暖化に関する仕事をしている。いちおう「専門家」という扱いになる。

だけど最近、この問題と向き合っていると、本当に憂鬱になる。何が幻滅かって、人類の限界というのものをつくづくと実感させられるところだ。
続きを読む

『背伸びして情熱』(仙石寛子) 

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ) (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)背伸びして情熱
(まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)

(2009/04/07)
仙石 寛子

商品詳細を見る

良い作品。あんまり言葉は要らない。

WBCは世界一を決める大会である「べき」なのか 

このコラムを読んで思ったこと。

米国では、WBCはあくまでも「興行」として捉えられており、「世界一を決める戦い」とは認識されていなかったとの声を聞く。
だけど、それは「おかしな」ことなのだろうか?むしろ、こちらの方が健全な姿なのではないだろうか?
続きを読む

YOU COOL! 

昨日、「クールですね」と、新任の人と呑みに行った時に言われた。こういうのは私にとって珍しい話ではなく、会社に入ってから既に何度も言われていることである。

だけどその度に、私はそう言った人を「見る目ないなあ」と思う。
続きを読む

【F1】オーストラリアGP、その後 

その後、トゥルーリへのペナルティは取り消され、彼の3位表彰台が確定した。
同時に、ハミルトンは事情聴取に当たって虚偽の証言をしたとみなされ、失格の裁定が下った。

私は、トゥルーリへのペナルティは確かに厳しいと思っていた。
彼がコースオフしたのは確かだが、ハミルトンが(セイフティカー出動時の追い抜きがペナルティになることを恐れて)トゥルーリを前に行かせたというのも、また妥当な話だと思っていたからだ。結果としては、トゥルーリの3位とハミルトンの4位を入れ替えるだけで十分なのではないかと思っていた。

しかし、今回の裁定はそれだけでは収まらず、ハミルトン失格という事態になった。
つまりハミルトンは、レース後に行われた事情聴取で、このインタビューおよび実際の無線のやり取りとはまた別なことをマーシャルに語っていたことになる。

…悪い奴だなあ、コイツは。だけど私の場合、これくらいの「賢い」ところのあるドライバーの方がむしろ親近感が沸くのだが。

『性本能と水爆戦 征服』(道満晴明) 

クリエイターとのしての価値が何で決まるかというと、一つに、「他人と違うものが描けるか」という点があると思う。どれだけ質の高いものでも、代替が利くのであれば特段その人が生み出す必要がなくなってしまう。私はお世辞にもオリジナリティに自信のない人間なので、尚更そう思う。

性本能と水爆戦 征服 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)性本能と水爆戦 征服
(WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

(2009/03/31)
道満 晴明

商品詳細を見る

そういう意味で、この人、天才的。



参考:『最後の性本能と水爆戦』(道満晴明)

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 狼になりたい all rights reserved. Powered by FC2ブログ