『スペシャル』(平方イコルスン)・2巻 

 


 最初に謝らなくては(?)いけない。今作、普通(?)のシュール系コメディ作品だと思ってた。1巻は猛烈な前振りだったような気がする。

 しかも、この作者自身のツイートがこの2巻をあまりにも端的かつ的確に捉えていて、これ以上の言葉が出ない。読者として「ぐぬぬ」という感じである。

 真面目な話というのは決してコメディと相反するものではなくて、むしろ共存するものこそ素晴らしいのだと私はずっと思っている。今作もそういう作品(ということに今更気付いた)。
 登場人物同士の網が相互に非対称に絡み合っていて、それぞれが想うところをそれぞれ描いているという、シンプルにして本質的(?)な作品になってきた。P147のクライマックスが最高。面白い。


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 狼になりたい all rights reserved. Powered by FC2ブログ