『妄想テレパシー』(NOBEL)・4巻 

 


 私はディスコミュニケーションを扱った作品(注:植芝理一氏のデビュー作のことではない)がベタに好きで、このテーマを扱っていればかなりの割合で楽しめる。
 今作は最初からそれに特化した作品で、構造はシンプルながらやはり面白い。
 
 この4巻の最後のフリが尚更良い。最終話のタイトルにも注目。たぶん次が最終巻だと思うが、もしこの内容でまとめられたらそれは良い作品になると思う。「私達」はエスパーではないのだから。
 よく考えたらそうか、この作品、タイトルから「そう」なのか。


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 狼になりたい all rights reserved. Powered by FC2ブログ