FC2ブログ

【NBA】2017-18シーズン展望 

 2017-18シーズンの個人的展望を。さほど目新しい見解ではありません。



西カンファレンス

 昨シーズンのファイナルで屈したとはいえ、主要メンバーの契約終了がなかったキャブスはそのまま次のシーズンに臨めるはずだった。しかし、アービングのまさかの移籍志願で、やや毛色が変わってきた。
 先に書いた通り、あのトレードの内容はそれほど悪くないと思っている。だけど、レブロンにも来シーズン以降の移籍が囁かれるなど、チームの一体感という意味ではマイナスの要素が立て続いているような気が。レブロンが居るチームはレブロン以外が牽引できない。HCが誰でも(ポポビッチ以外は)まず無理だろう。結局は全てレブロン頼みなのである。
 あまりこう言う人はいないが、レブロンは確実に加齢していると思っている。特にスタミナに相当影響が出てるのではないか。もはや、かつてのような守備までは望めない。時間をシェアし、守備の負担を軽減する、キャブスにまず必要なのはそれではないか。アイザイア・トーマスを6thマン的に(一定の時間を任せる形で)使えれば面白いと思う。

 一方で今年も西高東低は続く。それだけでキャブスは有利だ。
 むしろ他のチームの伸び悩みの気配が目立つ。ラプターズに上積みはない。ペイサーズとブルズは既に崩壊した。

 唯一キャブスのライバルとなり得るのはやはりセルティックスなのだろうが、ここは昨シーズンが出来過ぎだったくらい。アービング、ヘイワード、ホーフォードと並ぶ中で、誰がリーダーシップを取ってどういうバスケを目指していくチームなのか、さほど特色が見えないのが不安材料。まだまだ選手層も(比較的)薄いように思う。



東カンファレンス

 東は相変わらずの激戦であるが、それでも、昨シーズンほどではないように見える。

 というのも、まずは昨シーズンのチャンピオンであるウォリアーズがあまりに盤石だからだ。主力にコアのベンチメンバーが揃って残留。少なくとも今シーズンは、昨年のようなバスケを期待できるだろう。チャンピオンを獲ったが故の余裕も加わる。
 少し心配なのは、チャンピオンになって、グリーンやデュラントの口がちょっと軽くなっているところ。二人とも(デュラントもそれなりに)気性の激しい選手だが、それが驕りのようなものになると、肝心なところでボロが出るかもしれない。

 むしろ、他のチームがウォリアーズを倒すための方策をレギュラーシーズンで如何に考えていくか、だろうか。スモールラインナップ+ハイペース+3Pのハイスコリングゲームで戦うウォリアーズにどう対抗するのか。
 同じく速さや3Pで対抗するのか(それを狙った昨シーズンのファイナルのキャブスは愚策だったと思うが・・・)。それともスモールラインナップにも対抗できるビッグマンを揃えるのか。ウォリアーズ以外の上位チームにとって、倒すべき敵ははっきりしているので、今から考えていく必要があると思う。

 スパーズもセルティックス同様に昨年のレギュラーシーズンが出来過ぎだったように思う。ほとんどレナード一人であれだけ勝ったようなものだ。パーカーやジノビリだけでなく、オルドリッジにグリーンやミルズといったところもピークを過ぎつつある感があり、代役はまだ育っていない。メンバーが今のままでは、意外と早く再建期が訪れるかもしれない。

 ハーデンとクリス・ポールが組むことになったロケッツは、流石に未知数すぎる。
 対ウォリアーズという意味では、昨年のロケッツがハーデンの個人スキルを活かしつつより3Pに特化した特徴のあるチームだっただけに、クリス・ポールという良くも悪くも正統派PGの加入で、全てが狂うような気がしてならない。普通の戦い方でウォリアーズを負かすのはなかなか難しいと思う。

 私は個人的にウエストブルックのファンで、今シーズンのサンダーは最後のチャンスだと思っている。ポール・ジョージが来シーズンも在籍する保証は全くない。
 ウエストブルックが悟りを開き、昨シーズンいいだけやって得点王とMVPを取ったことで自己のスタッツにこだわらなくなったら、奇跡は起こるかもしれない。彼はこれまでのプレイほどセルフィッシュな人間ではないと思うので。

 西のプレイオフ争いはかなり過酷になりそう。ティンバーウルブスがメンバーを揃えたことがさらに拍車をかけたような気がする。そう簡単に勝ち上がれるほど簡単ではないと思うが・・・。



 怪我による主力選手離脱の影響が大きいNBAで優勝予想をするのは非常に難しいが、今のままならウォリアーズが最右翼なのは間違いない。

 繰り返すが、今シーズンのテーマは「いかにウォリアーズを止めるか」だ。彼らが最初に導入したスモールラインナップによるスピーディで3P重視の戦術は、今や彼らよりもロケッツやキャブスの方が3Pを決めるくらいに浸透した。では、その次のトレンドは何なのか。ビッグマンはこのまま消えゆく運命なのか。
 私が昨年観に行った試合で、ウォリアーズがマーク・ガソルとランドルフに(後半は)ボコボコにされたのを見たからかもしれないが、ビッグマンに進化が必要な気がする。ストレッチ4や5はもはや定番で、むしろ、今のビッグマンに必要なのは、インサイドでのパスの捌きと、相手のエースガードにアイソレーションされても守り切る能力ではないかと。

 以上、あまり変わり映えのしない個人的展望ですが、こういうのは期待を裏切られるのが楽しいのだと思っています。


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 狼になりたい all rights reserved. Powered by FC2ブログ