FC2ブログ

『ゆるキャン△』(あfろ)・5巻 

 


 実は私はこの前の4巻の展開に不満で。
 みんなでのキャンプがそう簡単に上手くいくなら苦労はしないと思ったのです。素人ということもさておき、集団で食事や寝床の準備をする中で、少しずつ誰かのペースに合わせていく集団生活の大変さを、ちょっと軽く捉えすぎではないかと。これで良いなら、リンが最初から一人でキャンプに行かなくても良かったことになってしまう。

 なので、私はこの5巻で元の路線(?)に引き戻したことを大いに支持します。

やっぱり
一人のキャンプも好きだ私

クリスマスキャンプの後、ソロでキャンプして、改めて思ったよ
同じ「キャンプ」でも一人と全く別のアウトドアだって
見た物とか食べた物の事とか、一人でゆっくり物思いに耽ったり
何ていうか…ソロキャンは寂しさも楽しむものなんだって

 そうですよね。「これ」を描くのが今作の価値だと思うのです。



 しかしそれにしても羨ましい。
 雪国に住む私はこういうリンのような冬場のアウトドアが困難なのです。本州だと東西南北どちらへも行けるのも良いです。
 私も東京に居た頃はバイクに乗って遠出しましたが、雪国では冬の数か月全く使い物にならず、今の住居にバイク置き場がないこともあって手放してしまいました。また、雪が降るとキャンプにはならないので、そもそもこうやって「冬にキャンプへ行く」ことが無理なのです。
 今作を見ていて「寒そうだな……」とは常々思ってしまいますが、それでも、こういう選択肢があること自体が羨ましいのです。


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 狼になりたい all rights reserved. Powered by FC2ブログ