FC2ブログ

【NBA】トレード期限の出来事 

 トレード期限間際にキャバリアーズがとんでもないボリュームのトレードを敢行した。流石にこれは意味がわからない。

IN:ジョージ・ヒル、ロドニー・フッド、ジョーダン・クラークソン、ラリー・ナンスJr.
OUT:アイザイア・トーマス、チャニング・フライ、デリック・ローズ、ジェイ・クラウダー、ドウェイン・ウェイド、イマン・シャンパート



 無茶苦茶である。確かに今のキャブスは不振だが、トーマスにクラウダー、ローズにウェイドはいずれも今シーズン前に獲得した選手であり、やや盛りを過ぎた感のあるところまでを含めて、最初からわかりきっていたレベルのパフォーマンスではないのか。

 キャブスの内情はもちろん知る由もないが、「キング」ことレブロン・ジェームズの意に反してこのトレードが行われたとはとても考えられない。現時点で特段の否定的なコメントも出しておらず、「親友」と言うウェイドまで含めて、あまりレブロンがこれらの選手の放出を残念に思っていないことは間違いない。

 また、(噂のあった)来シーズンにレブロンがレイカーズに移籍することは無くなったと思う。まさかアイザイアを追い掛けていくような真似はしないだろうし、それなら今期待の若手をキャブスに取る理由はない。

 いずれにしても、今シーズンのキャブスのゴタゴタを見ていると、早々にこのチームを飛び出したカイリー・アービングの慧眼に驚くのだった。


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 狼になりたい all rights reserved. Powered by FC2ブログ