FC2ブログ

『炎炎ノ消防隊』(大久保篤)・13巻 

 

「危険 危険 こっちの方がデンジャラスな目に遭えそうなの」

「そんなの知ったことか!! 周りがどうとか関係ない!! 私の命だ!! 誰の物でもない!! 周りのくだらない命と一緒にするな!!
 私だけの大事な命だ!! 粗末なんて思ってもいない!! 粗末なものか!! だから危険にさらされてゾクゾクするんだよ!! 失いたくない恐怖から生の喜びを感じるんだよ!!」


 今作は消防隊というところを舞台としている分、前作『ソウルイーター』よりもややお上品というか正義感の強い印象がありました。『ソウルイーター』も序盤の方が尖っていたのは事実で、段々と丸くなってきたのかなーと少し感じていたところでした。

 そのような中、前巻から登場した新ヒロイン・インカがどこまでぶち壊していけるのか。上記の台詞のような、狡さのない傲慢さはは逆に見ていて清々しい。たぶん私の心の中にも眠っている、最もピュアな感情です。


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 狼になりたい all rights reserved. Powered by FC2ブログ