FC2ブログ

Crypko:真祖からの5世代配合を試みてみました 

 Crypkoにつきまして、今度はオリジナル(0lter)からの純粋配合を行ってみました。
 前回に引き続き、自分の嗜好を可視化することが目的ですので、他の人が読んで面白い内容かはわかりません。


 まだ誰の子供でもない全く純粋なcrypko(lter0:ゼロ世代)を4体入手し、そこから同世代間の純粋培養的な融合を続けたらどうなるか試してみました。

 まず、最初の0lter(真祖)はこの4体。
【0lter(真祖):4体】
62360.jpg 75399.jpg
75585.jpg 82400.jpg
 ここからスタートです。



 1lterから2lterにかけては、掛け合わせ上の制約も大きかったため、個々のcrypkoの「好み」をあまり考慮せず、融合可能なカードを順に試していくような形でした。
 その中から、各世代4体ずつ「これは」と思ったものを挙げてみます。(なお、分母の数は同一ではありません。)
【1lter:30体】
86322.jpg 87243.jpg
89620.jpg 106794.jpg
 今になって見ると、この1lterがイマイチですね。30体しか作成しなかったのですが、もう少し粘った方が良かったかもしれません。
【2lter:121体】
87323.jpg 106890.jpg
116437.jpg 184476.jpg
 数が一気に増えました。ここまでは銀・灰色系の髪色が優勢だったんですよね。



 ここから先は対象を絞り(lter2からは27体)、それらを中心に融合します。
【3lter:94体】
117199.jpg 185569.jpg
185594.jpg 264050.jpg
 ここではっきりと「色」が変わりました。目付きの傾向も含めて、似た感じの子が多く登場し、その中からさらに洗練されていきます。
 金髪は何せ目立つので、融合する際に「金髪対金髪」を選択する可能性が比較的高くなると思われ、それ故の集中度はあるかもしれません。ここから、また24体を絞り込み、次の世代を融合します。
【4lter:110体】
243146.jpg 265936.jpg
279144.jpg 291673.jpg
 もうすっかり金銀の主導権争いです。
 この世代も、融合を行う母体を24体に絞りました。



 いよいよ、ゴールとなる5lterです。この世代はゴールなだけあって「いいね」の数がとても多く選ぶのに難儀しましたが、その中から4体を。
【5lter:126体】
291863.jpg 294186.jpg
294188.jpg 304851.jpg
 


 さて、それではゴールとなった5lterの特徴をまとめてみましょう。

 見ての通り、途中から構図が殆ど「左向き」になりました。
 純粋培養+私の嗜好を集中しているので当たり前かもしれませんが、絵柄や表情のようなものも段々と集中化していったような印象です。
 
 今回の企画で生まれた5lterのcrypkoの中で私が「いいね」に入れたものは49/110(44.5%)とかなり高めの割合です。(ただし、何を「いいね」とするかは基準をどのレベルに置くかに左右されるので、他の場合と単純比較はできません。)

 とにかく途中から金髪・銀髪に集中しました。金髪が全体の52%、銀髪が21%を占めます。「いいね」になるとさらにその確率が高まり、金髪55%、銀髪24%で合わせると8割近くになります。

 髪型は、ツインテールであれば65%に「いいね」が付きます。ショートだと32%、ポニテで19%に留まるので、ずば抜けてツインテールが強かったと言えるでしょう。

 その他の要素については、「いいね」に対し正の相関が生じたのは「帽子」のみ。「赤面」や「笑顔」、「リボン」であればそこそこの確率ですが、むしろ平均以下です。その他の要素は明らかに無い方がよいという結果です。

 すなわち、今回の試行を代表する要素は、「金髪」「ツインテール」「帽子」となります。これらの要素を全て満たす「いいね」は上記の例を含め全部で7枚あり、まあ順当な結果と言えるでしょう。
 その中でもあえて「赤面」も「笑顔」も「リボン」も(メイン属性として)持たないものは・・・1枚ありました! こちらを、今回の企画を代表する1枚とします。

304860.jpg
 うむ。


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 狼になりたい all rights reserved. Powered by FC2ブログ