FC2ブログ

In St.Petersburg. 

 ロシアのサンクトペテルブルクへ行ってきました。
 これまで数多くの国へ行きましたが、今回が最も「日本人観光客が行かない」国だったと思います。


 この旅行、当初はもう1日短く、3泊5日の予定でした。
 サンクトペテルブルクへはソウルの仁川空港から大韓航空の直行便があり、そちらで乗り換えを考えていました。しかし、予約後に大韓航空のダイヤが変わり、前泊+後泊まで必要な時間帯になってしまい、結局モスクワ経由のJAL便に変更(値段は結局JALの方が安かった)。現地滞在時間はあまり変わらずに4泊6日になりました。

 なお、日本人がロシアへ観光で行く際はビザの取得が必要です。その辺の旅行情報については別にまとめています



一日目

 成田空港名物、空港の中の家を横目に出発。これだけは世界のどこにもありません。

 180813ROSIMG_6358.jpg 180813ROSIMG_6363.jpg 180813ROSIMG_6370.jpg
 180813ROSIMG_6379.jpg 180813ROSIMG_6383.jpg 180813ROSIMG_6386.jpg

 上空から見るモスクワは、幾何学模様のアパートがこんな感じに並んでいます。「テトリスだ・・・」と思いました。

 180813ROSIMG_6393.jpg 180813ROSIMG_6394.jpg 180813ROSIMG_6395.jpg

 モスクワのドモジェドヴォ国際空港へ到着。モスクワには空港が3つありますが、ここが国際線が最も多く最も新しく(おそらく)最も遠い空港です。いわば成田みたいなもので、森の中にあります。

 180813ROSIMG_6398.jpg 180813ROSIMG_6401.jpg 180813ROSIMG_6402.jpg

 それにしても、イメージ以上に新しく、「普通」の空港という印象。
 少し時間があったのでケーキをつまみます。「Moscow cake」とあったのを注文。

 180813ROSIMG_6404.jpg 180813ROSIMG_6410.jpg

 ここからサンクトペテルブルク行きのS7航空便に乗り換えます。搭乗はボーディングブリッジではなくバス経由でしたが、欧州国内線の場合は珍しくありません。
 CAの一人は男性。これも海外では珍しくありませんが、日本にはまず無いですよね。

 180813ROSIMG_6413.jpg 180813ROSIMG_6415.jpg 180813ROSIMG_6420.jpg
 180813ROSIMG_6423.jpg 180813ROSIMG_6425.jpg 180813ROSIMG_6426.jpg

 空港からはタクシーを事前に手配しておきました。サンクトペテルブルクのタクシー事情については別掲
 空港を出るともうこの光景です。

 180813ROSIMG_6438.jpg 180813ROSIMG_6445.jpg 180813ROSIMG_6449.jpg
 180813ROSIMG_6455.jpg 180813ROSIMG_6457.jpg 180813ROSIMG_6462.jpg
 180813ROSIMG_6469.jpg 180813ROSIMG_6472.jpg 180813ROSIMG_6474.jpg
 180813ROSIMG_6480.jpg 180813ROSIMG_6484.jpg 180813ROSIMG_6495.jpg
 180813ROSIMG_6503.jpg 180813ROSIMG_6505.jpg 180813ROSIMG_6510.jpg
 
 素晴らしく広い平坦な土地で、市内に入っても公園が数多く整備されています。中心部に入ると今度は運河が。もうこの時点でロシアのイメージがすっかり覆りました。街がとても綺麗。これまで行った街でも最も綺麗かもしれません。

 まずホテルへ。今回はここに4泊します。

 180813ROSIMG_6513.jpg 180813ROSIMG_7178.jpg

 サンクトペテルブルクは緯度が高く、まだ明るいので散歩に出掛けます。
 ネフスキー大通りからカザン聖堂、運河から、血の上の救世主教会へ。
 
 180813ROSIMG_6525.jpg 180813ROSIMG_6531.jpg 180813ROSIMG_6541.jpg
 180813ROSIMG_6543.jpg 180813ROSIMG_6547.jpg 180813ROSIMG_6549.jpg
 180813ROSIMG_6555.jpg 180813ROSIMG_6557.jpg 180813ROSIMG_6559.jpg

 それにしても観光客が多いです。私は初めてのロシアにかなり警戒し、防犯対策を何重にも重ねてきたのですが、これなら普通の観光都市ですね。
 この日のサンクトペテルブルクは最高気温が30℃以上。「日本とあんまり変わらないなあ」と感じましたが、この日だけ異常だった模様。部屋に冷房設備がないので少し寝苦しかったです。



二日目

 朝は早めに起きたのでまず散歩。冬宮の脇を一旦抜けて、ネヴァ河沿いを歩きます。

 180813ROSIMG_6560.jpg 180813ROSIMG_6562.jpg 180813ROSIMG_6564.jpg
 180813ROSIMG_6568.jpg 180813ROSIMG_6570.jpg 180813ROSIMG_6572.jpg
 180813ROSIMG_6577.jpg 180813ROSIMG_6582.jpg 180813ROSIMG_6583.jpg
 180813ROSIMG_6590.jpg 180813ROSIMG_6594.jpg 180813ROSIMG_6596.jpg
 180813ROSIMG_6601.jpg 180813ROSIMG_6602.jpg 180813ROSIMG_6604.jpg

「だがドゥーニャ、お前は、僕が単に水を恐れたのだとは思わないのかい?」

 ラスコーリニコフにこう言わせたネヴァ河の水量はすざましく、海みたいです。(実際、すぐそこが海です。)

 それから、サンクトペテルブルクへ来た最大の目的であるエルミタージュ美術館へ向かいます。

 180813ROSIMG_6605.jpg 180813ROSIMG_6607.jpg 180813ROSIMG_6611.jpg
 180813ROSIMG_6609.jpg 180813ROSIMG_6612.jpg 180813ROSIMG_6614.jpg

 パリのルーブル美術館、ニューヨークのメトロポリタン美術館と並ぶ世界三大美術館として名高いエルミタージュ。日本人にとっては、ロシアというお国柄、世界の名だたる美術館の中でも「行きにくい」ところではないでしょうか。

 エルミタージュ美術館は、かつてのロマノフ王朝の「冬宮」がメインの建物になっています。今朝も、パン・・・じゃなかった当日券を求める一般大衆が列を成していました。それにしても、北京の天安門広場でも思いましたが、どうして権力者は自分たちの本拠の前に広大な広場を作ってしまうんですかね。反政府運動が盛り上がりを見せたら大変なことになるとか考えないんですかね・・・。
 入場チケットは予め予約しておきました。Eチケットで、引換の必要はありません。手荷物検査に少し並んだだけで、建物の中に入れば時間はかかりません。

 エルミタージュ美術館は流石に広大で、すぐ迷いました。現地で貰った地図と日本で買ったガイドブックの地図が上下逆だったのがまたよくない。この日は日本語パンフレットを貰いそびれたのも大きかったですね。
 オーディオガイドを借りましたが、ボリュームが多く(全部聞く時間はなかった)質も高いものでした。イヤホンを持参した方がよいです。

 180813ROSIMG_6624.jpg 180813ROSIMG_6626.jpg 180813ROSIMG_6622.jpg
 180813ROSIMG_6630.jpg 180813ROSIMG_6619.jpg 180813ROSIMG_6617.jpg
 180813ROSIMG_6616.jpg 180813ROSIMG_6633.jpg 180813ROSIMG_6634.jpg

 ここはなにせ元・冬宮なので、単なる美術品だけでなくロマノフ王家の財宝や室内装飾などが数多く展示されています。例えばMETのような純粋な美術館・博物館とは少し違う印象。必然的に展示物に偏りがある、とでも言いますか。

 世界のどこでも人気のレオナルド・ダ・ビンチの絵。たぶんここがこの美術館で最も混んでいます。

 180813ROSIMG_6642.jpg 180813ROSIMG_6646.jpg 180813ROSIMG_6647.jpg


 ラファエロは2枚だけ、小さいのであまり目立ちません。

 180813ROSIMG_6650.jpg 180813ROSIMG_6653.jpg 180813ROSIMG_6648.jpg

 イタリア絵画のホール。

 180813ROSIMG_6654.jpg 180813RUSIMG_7095.jpg 180813RUSIMG_7099.jpg
 180813ROSIMG_6656.jpg 180813ROSIMG_6655.jpg

 スペイン絵画。ベラスケス、ムリーニョ、ゴヤ、エル・グレコ等。

 180813ROSIMG_6658.jpg 180813ROSIMG_6659.jpg 180813ROSIMG_6660.jpg
 180813ROSIMG_6661.jpg 180813ROSIMG_6662.jpg 180813ROSIMG_6664.jpg
 180813ROSIMG_6665.jpg 180813ROSIMG_6667.jpg

 レンブラントの絵は多かったです。『ダナエ』に『放蕩息子の帰還』があります。神話ベースの絵が多く、代表作『夜警』とは少し違う雰囲気。

 180813ROSIMG_6670.jpg 180813ROSIMG_6673.jpg 180813ROSIMG_6675.jpg
 180813ROSIMG_6678.jpg 180813ROSIMG_6679.jpg 180813ROSIMG_6680.jpg
 180813ROSIMG_6682.jpg 180813ROSIMG_7105.jpg 180813ROSIMG_6684.jpg

 ルーベンス。美術史で最も成功した(生きているうちに評価された)画家で、一部屋全部ルーベンスです。その中にも『バッカス』や風景画など彼が好き勝手に描いた毛色の違う作品があるのが良いです。

 180813ROSIMG_6685.jpg 180813ROSIMG_6686.jpg 180813ROSIMG_6687.jpg
 180813ROSIMG_6688.jpg 180813ROSIMG_6690.jpg 180813ROSIMG_6692.jpg
 180813ROSIMG_6693.jpg 180813ROSIMG_6694.jpg 180813ROSIMG_6695.jpg

 カラバッジョに、今度はティツィアーノの『ダナエ』。時代的にはレンブラントよりもこちらの方が前です。

 180813ROSIMG_6697.jpg 180813ROSIMG_6701.jpg 180813ROSIMG_6702.jpg

 ロココから次第に帝国美術へ。

 180813ROSIMG_6704.jpg 180813ROSIMG_6705.jpg 180813ROSIMG_6706.jpg
 180813ROSIMG_6707.jpg 180813ROSIMG_6708.jpg 180813ROSIMG_6709.jpg
 180813ROSIMG_6710.jpg 180813ROSIMG_6712.jpg 180813ROSIMG_6714.jpg
 180813ROSIMG_6715.jpg 180813ROSIMG_6716.jpg 180813ROSIMG_6717.jpg
 180813ROSIMG_6719.jpg 180813ROSIMG_6720.jpg 180813ROSIMG_6721.jpg
 180813ROSIMG_6722.jpg 180813ROSIMG_6723.jpg

 古代美術もあります。

 180813ROSIMG_6729.jpg 180813ROSIMG_6730.jpg 180813ROSIMG_6732.jpg
 180813ROSIMG_6733.jpg 180813ROSIMG_6735.jpg 180813ROSIMG_6736.jpg
 180813ROSIMG_6740.jpg 180813ROSIMG_6742.jpg 180813ROSIMG_6743.jpg

 エルミタージュの館内はとても広大でした。このボリュームでは一日では回り切れないと思い、明日もう一度来ることに(当初から半分そのつもりでした)。
 観光客の数(密度)は他の(海外の)美術館以上で、混み合うところは本当に混んでいます。その他の難点は、外気温に比べて中が暑いのと、元が美術館として設計された建物ではないので窓があり、そこからの光が反射して真正面から見にくい絵が多数あったことです(私の写真に角度が傾いたものが多いのはそのせいです)。

 エルミタージュ本館を出て、昼食を食べに行きます。ボルシチにカツレツです。ビールがうまい。

 180813ROSIMG_6745.jpg 180813ROSIMG_6748.jpg 180813ROSIMG_6751.jpg

 そこからまた戻って、今度は旧参謀本部のエルミタージュ別館へ。こちらは皇室関係の続きのほか、近代美術が中心です。

 180813ROSIMG_6752.jpg 180813ROSIMG_6755.jpg 180813ROSIMG_6759.jpg
 180813ROSIMG_6761.jpg 180813ROSIMG_6765.jpg 180813ROSIMG_6766.jpg
 180813ROSIMG_6767.jpg 180813ROSIMG_6769.jpg 180813ROSIMG_6770.jpg
 180813ROSIMG_6772.jpg 180813ROSIMG_6773.jpg 180813ROSIMG_6775.jpg
 180813ROSIMG_6776.jpg 180813ROSIMG_6778.jpg 180813ROSIMG_6782.jpg
 180813ROSIMG_6785.jpg 180813ROSIMG_6789.jpg 180813ROSIMG_6790.jpg

 ナポレオンやジョセフィーヌの絵があるのには驚き。これ誰が買ったんだろう。
 続いて印象派以降です。

 180813ROSIMG_6794.jpg 180813ROSIMG_6795.jpg 180813ROSIMG_6796.jpg
 180813ROSIMG_6797.jpg 180813ROSIMG_6798.jpg 180813ROSIMG_6799.jpg
 180813ROSIMG_6800.jpg 180813ROSIMG_6801.jpg 180813ROSIMG_6802.jpg
 180813ROSIMG_6803.jpg 180813ROSIMG_6804.jpg 180813ROSIMG_6805.jpg
 180813ROSIMG_6806.jpg 180813ROSIMG_6807.jpg 180813ROSIMG_6808.jpg
 180813ROSIMG_6809.jpg 180813ROSIMG_6810.jpg 180813ROSIMG_6811.jpg
 180813ROSIMG_6812.jpg 180813ROSIMG_6813.jpg 180813ROSIMG_6814.jpg
 180813ROSIMG_6815.jpg 180813ROSIMG_6816.jpg 180813ROSIMG_6817.jpg
 180813ROSIMG_6818.jpg 180813ROSIMG_6819.jpg 180813ROSIMG_6820.jpg
 180813ROSIMG_6821.jpg 180813ROSIMG_6823.jpg 180813ROSIMG_6824.jpg
 180813ROSIMG_6825.jpg 180813ROSIMG_6827.jpg 180813ROSIMG_6828.jpg
 180813ROSIMG_6829.jpg 180813ROSIMG_6831.jpg 180813ROSIMG_6832.jpg
 180813ROSIMG_6833.jpg 180813ROSIMG_6834.jpg 180813ROSIMG_6835.jpg
 180813ROSIMG_6837.jpg 180813ROSIMG_6838.jpg 180813ROSIMG_6839.jpg
 180813ROSIMG_6840.jpg 180813ROSIMG_6841.jpg 180813ROSIMG_6842.jpg
 180813ROSIMG_6843.jpg 180813ROSIMG_6844.jpg 180813ROSIMG_6845.jpg
 180813ROSIMG_6846.jpg 180813ROSIMG_6847.jpg 180813ROSIMG_6848.jpg
 180813ROSIMG_6849.jpg 180813ROSIMG_6850.jpg 180813ROSIMG_6851.jpg
 180813ROSIMG_6852.jpg 180813ROSIMG_6853.jpg 180813ROSIMG_6854.jpg
 180813ROSIMG_6855.jpg 180813ROSIMG_6856.jpg 180813ROSIMG_6857.jpg
 180813ROSIMG_6858.jpg 180813ROSIMG_6859.jpg 180813ROSIMG_6860.jpg
 180813ROSIMG_6862.jpg 180813ROSIMG_6863.jpg 180813ROSIMG_6864.jpg
 180813ROSIMG_6865.jpg 180813ROSIMG_6866.jpg 180813ROSIMG_6867.jpg
 180813ROSIMG_6869.jpg 180813ROSIMG_6870.jpg 180813ROSIMG_6871.jpg
 180813ROSIMG_6872.jpg 180813ROSIMG_6873.jpg 180813ROSIMG_6874.jpg
 180813ROSIMG_6875.jpg 180813ROSIMG_6876.jpg 180813ROSIMG_6877.jpg
 180813ROSIMG_6878.jpg 180813ROSIMG_6879.jpg 180813ROSIMG_6880.jpg
 180813ROSIMG_6881.jpg 180813ROSIMG_6882.jpg 180813ROSIMG_6883.jpg
 180813ROSIMG_6884.jpg 180813ROSIMG_6885.jpg 180813ROSIMG_6886.jpg
 180813ROSIMG_6887.jpg 180813ROSIMG_6888.jpg 180813ROSIMG_6889.jpg
 180813ROSIMG_6890.jpg 180813ROSIMG_6891.jpg 180813ROSIMG_6892.jpg
 180813ROSIMG_6893.jpg 180813ROSIMG_6894.jpg 180813ROSIMG_6895.jpg
 180813ROSIMG_6896.jpg 180813ROSIMG_6897.jpg 180813ROSIMG_6898.jpg
 180813ROSIMG_6899.jpg 180813ROSIMG_6900.jpg 180813ROSIMG_6901.jpg
 180813ROSIMG_6902.jpg 180813ROSIMG_6903.jpg 180813ROSIMG_6905.jpg

 ピカソ、マティスなども多くあります。
 ロシア革命後に描かれたと思われるものも多々あるんですけど、本当に誰が買ったんですかね。

 180813ROSIMG_6908.jpg 180813ROSIMG_6909.jpg 180813ROSIMG_6910.jpg
 180813ROSIMG_6911.jpg 180813ROSIMG_6913.jpg 180813ROSIMG_6914.jpg
 180813ROSIMG_6915.jpg 180813ROSIMG_6916.jpg 180813ROSIMG_6917.jpg
 180813ROSIMG_6918.jpg 180813ROSIMG_6920.jpg 180813ROSIMG_6921.jpg
 180813ROSIMG_6922.jpg 180813ROSIMG_6923.jpg 180813ROSIMG_6924.jpg
 180813ROSIMG_6925.jpg 180813ROSIMG_6926.jpg 180813ROSIMG_6927.jpg
 180813ROSIMG_6928.jpg 180813ROSIMG_6930.jpg 180813ROSIMG_6931.jpg
 180813ROSIMG_6932.jpg 180813ROSIMG_6933.jpg 180813ROSIMG_6934.jpg
 180813ROSIMG_6935.jpg 180813ROSIMG_6936.jpg 180813ROSIMG_6937.jpg
 180813ROSIMG_6938.jpg 180813ROSIMG_6939.jpg 180813ROSIMG_6940.jpg
 180813ROSIMG_6941.jpg 180813ROSIMG_6942.jpg 180813ROSIMG_6943.jpg
 180813ROSIMG_6944.jpg 180813ROSIMG_6945.jpg 180813ROSIMG_6946.jpg
 180813ROSIMG_6947.jpg 180813ROSIMG_6948.jpg 180813ROSIMG_6949.jpg
 180813ROSIMG_6950.jpg 180813ROSIMG_6951.jpg 180813ROSIMG_6952.jpg
 180813ROSIMG_6953.jpg 180813ROSIMG_6954.jpg 180813ROSIMG_6955.jpg
 180813ROSIMG_6956.jpg 180813ROSIMG_6959.jpg 180813ROSIMG_6960.jpg
 180813ROSIMG_6961.jpg 180813ROSIMG_6962.jpg 180813ROSIMG_6963.jpg
 180813ROSIMG_6964.jpg 180813ROSIMG_6965.jpg 180813ROSIMG_6966.jpg

 エルミタージュ美術館の散策に想像以上に時間を要したため、今日はもう他の施設へ行くのは止めにします。
 代わりに、海軍省南側(?)の地区へ。ここに何があるかというと・・・『罪と罰』(ドストエフスキー)の主人公である「ラスコーリニコフの家」です。アパートの一角にプレートがあります。聖イサアク大聖堂のドームが僅かに見える絶妙なバランス。

 180813ROSDSC_0254.jpg 180813ROSDSC_0253.jpg 180813ROSDSC_0257.jpg

 そこから「ソーニャの家」へ。これがめちゃめちゃ近い。1丁南へ、1丁西へ行くだけのご近所さんです。

 180813ROSDSC_0259.jpg 180813ROSDSC_0260.jpg 180813ROSDSC_0261.jpg
 180813ROSDSC_0263.jpg 180813ROSDSC_0264.jpg

 当然、ラスコーリニコフは創作上の人物ですし、彼の住まいに特段の何かがあるというものでもありません。でも、『罪と罰』は私に大きな影響を与えた作品なので、一度のその生の雰囲気を味わってみたかったのです。
 さらに「金貸しの老婆の家」へ向かいます。これは割と遠い。ラスコーリニコフはその距離を730歩と言っていますが、もっとかかるよな・・・。

 180813ROSDSC_0268.jpg 180813ROSDSC_0269.jpg 180813ROSDSC_0270.jpg
 180813ROSDSC_0273.jpg 180813ROSDSC_0274.jpg 180813ROSDSC_0275.jpg
 180813ROSDSC_0276.jpg 180813ROSDSC_0278.jpg 180813ROSDSC_0280.jpg

 行き過ぎてしまったのでセンナヤ広場に戻ります。警察署へ出向く彼が悲しい接吻をした広場ですが、ここは流石に近代化していますね。

 180813ROSDSC_0288.jpg 180813ROSDSC_0289.jpg

 ここから、サンクトペテルブルクの名物?の一つである地下鉄に乗ってみることにしました。
 切符代わりにコイン(ジェトン)を買うと聞いていたのですが、最初の券売機はどうやらプリペイドカード用の模様。隣に小さなコインっぽい自動販売機があったのでそちらへ。45RUBと書いてあったので50RUB札を投入しましたが音沙汰がありません。1分くらいいろいろいじっているうちに、唐突にお釣りとジェトンが出てきました。

 噂通り長い長いエスカレーターで、もの凄く深く潜っていったところに広大なホールがあります。地下鉄はあまり新しいものではありませんね。5号線で一つ隣のアドミラルチェイスカヤ駅まで。移動というより見学です。

 180813ROSDSC_0293.jpg 180813ROSDSC_0297.jpg 180813ROSDSC_0301.jpg

 アドミラルチェイスカヤ駅。ここが一番深い駅だそうです。あまりにも長いエスカレーターなので誰も歩きません。それどころか座っている人も多く見かけました。

  180813ROSDSC_0307.jpg 180813ROSDSC_0310.jpg

 

 それから晩御飯を食べようと思ったのですが、20時頃とメインの食事時になってしまい、目を付けておいたところがなかなか入れない。最後はカフェに。(サンクトペテルブルクのカフェは単なる喫茶店ではなく料理中心のところも多いようです。)
 頼んだのはキノコのスープと鮭のソテー。昼食もそうでしたが、「醤油が欲しい」と感じてしまったのが本音です。スメタナ(サワークリーム)では替わりにならないんだよな・・・。

 180813ROSDSC_0325.jpg 180813ROSDSC_0328.jpg 180813ROSDSC_0333.jpg



三日目

 この日は小雨。早めに起きたのでタクシーで軍艦アヴローラへ向かいます。
 サンクトペテルブルクは、地下鉄やバスよりもタクシーを使った方が便利なようです。スマホ経由での配車アプリが数社あり、これで頼むと料金は事前に決まり、ナンバーが示され、来た車に乗るだけ。会話不要・現金不要なのが良いです。

 アヴローラ。日本海海戦における敗北艦と言ってしまっては元も子もないですが、ロシアではその後の二月革命のきっかけとなった英雄艦です。砲塔は冬宮の方を向いています。

 180813ROSIMG_6969.jpg 180813ROSIMG_6971.jpg 180813ROSIMG_6978.jpg
 180813ROSIMG_6980.jpg 180813ROSIMG_6990.jpg

 そこから、クンストカメラへまたタクシーで移動。大して人はいないだろうと思っていたらそれなりに並んでいました。
 ピョートル1世の収集品を集めたこの博物館、日本のものも一部屋分あります。

 180813ROSIMG_7041.jpg 180813ROSIMG_6997.jpg 180813ROSIMG_7001.jpg
 180813ROSIMG_7002.jpg 180813ROSIMG_7003.jpg 180813ROSIMG_7004.jpg
 180813ROSIMG_7006.jpg 180813ROSIMG_7007.jpg 180813ROSIMG_7010.jpg
 180813ROSIMG_7013.jpg 180813ROSIMG_7014.jpg 180813ROSIMG_7015.jpg
 180813ROSIMG_7017.jpg 180813ROSIMG_7018.jpg 180813ROSIMG_7032.jpg
 180813ROSIMG_7034.jpg 180813ROSIMG_7035.jpg 180813ROSIMG_7039.jpg

 最も目を引くのはグロテスクな人体標本。アルコール漬けの頭部や胎児などがあります・・・(流石にここには載せない)。

 それから、ネヴ河を渡って再び冬宮のエルミタージュ美術館へ。当日券のチケットを購入する列は昨日以上の長さ。ツアーの人でも並んでいました。前売券さえ買っておけばすぐ入場できるんですけどねえ・・・。

 180813ROSIMG_7043.jpg 180813ROSIMG_7044.jpg 180813ROSIMG_7045.jpg

 昨日見忘れた東洋美術のコーナーへ。ここは入口の階段がとても分かりにくいところにあります。 

 180813ROSIMG_7046.jpg 180813ROSIMG_7048.jpg 180813ROSIMG_7049.jpg
 180813ROSIMG_7050.jpg 180813ROSIMG_7051.jpg 180813ROSIMG_7052.jpg
 180813ROSIMG_7053.jpg 180813ROSIMG_7055.jpg 180813ROSIMG_7060.jpg
 180813ROSIMG_7061.jpg 180813ROSIMG_7063.jpg

 さらにその奥にはコンテンポラリーアートのコーナーもありますが、これは少中途半端かな。そこまでこの美術館の範疇に含めるなら含めるで、もっと思い切りやるべきです。最初は片付け忘れてるのかと思った。

 180813ROSIMG_7056.jpg 180813ROSIMG_7057.jpg 180813ROSIMG_7058.jpg

 それから中世美術。

 180813ROSIMG_7064.jpg 180813ROSIMG_7065.jpg 180813ROSIMG_7066.jpg
 180813ROSIMG_7067.jpg 180813ROSIMG_7068.jpg

 あとは、昨日観たメインの展示を含めてもう一周回ります。こういうのは少し間を置いてから再見するといいですよね。

 180813ROSIMG_7070.jpg 180813ROSIMG_7071.jpg 180813ROSIMG_7072.jpg
 180813ROSIMG_7073.jpg 180813ROSIMG_7079.jpg 180813ROSIMG_7080.jpg
 180813ROSIMG_7081.jpg 180813ROSIMG_7086.jpg 180813ROSIMG_7083.jpg
 180813ROSIMG_7088.jpg 180813ROSIMG_7091.jpg 180813ROSIMG_7092.jpg
 180813ROSIMG_7094.jpg 180813ROSIMG_7114.jpg 180813ROSIMG_7115.jpg

 しかしまあ、これだけ王宮が絢爛豪華だと、ロシア革命が起きたのも必然的かと思いました。ご存知の通りロシア革命はまず二月革命で帝政が廃され、その後もう一度十月革命が起きて共産主義政権が樹立されるわけですが、二月革命後に臨時政府が冬宮に入り、この実態を目の当たりにしたことで、尚更革命に向けて加速したのかもしれません。

 遅めの昼食兼夕食。
 これは日本でもそうですが、混む時間帯は一人客だとレストランにはなかなか入りにくい。待たされるのも嫌です。そのため私は11時-17時くらいにずらして食事をすることが多いのですが、ロシアのレストランは大抵が12時オープン。そうなると夕食はどうしても遅くなってしまいます。昨日、狙った店に入り損ねたこともあり、今日はもう昼と夜をまとめてしまうことにしました。
 ガスパチョにビーフストロガノフ。めっちゃ美味しかったです。

 180813ROSIMG_7120.jpg 180813ROSIMG_7122.jpg 180813ROSDSC_0335.jpg

 ちなみに、このレストランで圧倒的に高かったメニューが「WAGYU」でした(桁が一つ違った)。

 それから、帰りがてらまだホテルに落ち着くには早いな・・・と思ってロシア美術館の方へ歩いていきます。明日月曜日が休館のロシア民俗誌博物館へ入ってみました。

 180813ROSIMG_7168.jpg 180813ROSIMG_7127.jpg 180813ROSIMG_7128.jpg
 180813ROSIMG_7129.jpg 180813ROSIMG_7130.jpg 180813ROSIMG_7131.jpg
 180813ROSIMG_7132.jpg 180813ROSIMG_7136.jpg 180813ROSIMG_7138.jpg
 180813ROSIMG_7139.jpg 180813ROSIMG_7140.jpg 180813ROSIMG_7142.jpg
 180813ROSIMG_7153.jpg 180813ROSIMG_7158.jpg 180813ROSIMG_7159.jpg
 180813ROSIMG_7162.jpg 180813ROSIMG_7165.jpg

 ここは、多民族国家ロシア(旧ソ連)のマイノリティ文化をまとめたところ・・・のはずですが、片隅にこんなビデオ放映が。最初は誰もいませんでした。「あれ、なんだか日本に似てるなあ、ロシアにもこんなところあるんだ・・・」と思ったら、日本そのもののプロモーションビデオでした。

 

 しかもこれが素晴らしく良い出来。なんだよこの魅力的な国・・・。最初、私だけが一人ポツンと見ていたのですが、次第に観客が増えていく。
 なんでここにこんなものがあるのかと思ったら、その次には日本の文化風俗の企画展があって、その関係で放映されていたみたいです。果たしてこれを一体だれが作ったのか。日本政府(外務省か経済産業省)か、ひょっとしてロシアの人が作ったのか。むしろこれでロシアの多様性が吹き飛んでしまうくらいでした。

 180813ROSIMG_7149.jpg 180813ROSIMG_7150.jpg 180813ROSIMG_7152.jpg 

 この日はこれでホテルへ戻ります。
 ご飯の時間が中途半端だったので、夜食を食べに行くかかなり悩みましたが、お腹の調子がイマイチだったのと、バータイムの入店は敷居が高いので諦めます。おみやげだけ物色しておしまいにしました。



四日目

 この日は月曜日でエルミタージュ美術館が休み。ロシア美術館へ向かいます(昨日のロシア民俗誌博物館のすぐ隣です)。エルミタージュは自国の美術品を(帝室関連を除いて)あまり扱っておらず、こちらに集中させています。元はミハイロフスキー宮殿です。それにしても、サンクトペテルブルク市街は宮殿ばかりです。

 180813ROSIMG_7183.jpg 180813ROSIMG_7186.jpg 180813ROSIMG_7189.jpg

 まずは1階の近世絵画から。
 ロシアの絵画はシンプルで力強いなあ、というのが第一印象。とても好感が持てます。

 180813ROSIMG_7190.jpg 180813ROSIMG_7192.jpg 180813ROSIMG_7193.jpg
 180813ROSIMG_7194.jpg 180813ROSIMG_7195.jpg 180813ROSIMG_7196.jpg
 180813ROSIMG_7197.jpg 180813ROSIMG_7199.jpg 180813ROSIMG_7200.jpg
 180813ROSIMG_7202.jpg 180813ROSIMG_7203.jpg 180813ROSIMG_7204.jpg
 180813ROSIMG_7205.jpg 180813ROSIMG_7207.jpg 180813ROSIMG_7208.jpg
 180813ROSIMG_7209.jpg 180813ROSIMG_7210.jpg 180813ROSIMG_7211.jpg
 180813ROSIMG_7214.jpg 180813ROSIMG_7215.jpg 180813ROSIMG_7217.jpg
 180813ROSIMG_7219.jpg 180813ROSIMG_7221.jpg 180813ROSIMG_7222.jpg
 180813ROSIMG_7223.jpg 180813ROSIMG_7224.jpg 180813ROSIMG_7227.jpg
 180813ROSIMG_7228.jpg 180813ROSIMG_7230.jpg 180813ROSIMG_7264.jpg

 2階の方が古いです(もしかしてこっちの順序が先だったのか)。

 180813ROSIMG_7232.jpg 180813ROSIMG_7234.jpg 180813ROSIMG_7236.jpg
 180813ROSIMG_7237.jpg 180813ROSIMG_7238.jpg 180813ROSIMG_7239.jpg
 180813ROSIMG_7240.jpg 180813ROSIMG_7241.jpg 180813ROSIMG_7247.jpg
 180813ROSIMG_7249.jpg 180813ROSIMG_7252.jpg 180813ROSIMG_7254.jpg
 180813ROSIMG_7256.jpg 180813ROSIMG_7260.jpg

 別館へ進むにつれて、印象派期、そして革命期の絵となります。世情を反映しているかのようで面白い。

 180813ROSIMG_7267.jpg 180813ROSIMG_7268.jpg 180813ROSIMG_7269.jpg
 180813ROSIMG_7270.jpg 180813ROSIMG_7272.jpg 180813ROSIMG_7273.jpg
 180813ROSIMG_7274.jpg 180813ROSIMG_7275.jpg 180813ROSIMG_7276.jpg
 180813ROSIMG_7277.jpg 180813ROSIMG_7278.jpg 180813ROSIMG_7279.jpg
 180813ROSIMG_7280.jpg 180813ROSIMG_7282.jpg 180813ROSIMG_7283.jpg
 180813ROSIMG_7285.jpg 180813ROSIMG_7286.jpg 180813ROSIMG_7287.jpg
 180813ROSIMG_7288.jpg 180813ROSIMG_7289.jpg 180813ROSIMG_7290.jpg
 180813ROSIMG_7291.jpg 180813ROSIMG_7292.jpg 180813ROSIMG_7293.jpg
 180813ROSIMG_7294.jpg 180813ROSIMG_7296.jpg 180813ROSIMG_7297.jpg
 180813ROSIMG_7298.jpg 180813ROSIMG_7299.jpg 180813ROSIMG_7300.jpg
 180813ROSIMG_7301.jpg 180813ROSIMG_7302.jpg 180813ROSIMG_7303.jpg
 180813ROSIMG_7304.jpg 180813ROSIMG_7305.jpg 180813ROSIMG_7307.jpg
 180813ROSIMG_7308.jpg 180813ROSIMG_7309.jpg 180813ROSIMG_7311.jpg
 180813ROSIMG_7312.jpg 180813ROSIMG_7313.jpg 180813ROSIMG_7314.jpg
 180813ROSIMG_7315.jpg 180813ROSIMG_7316.jpg 180813ROSIMG_7317.jpg
 180813ROSIMG_7318.jpg 180813ROSIMG_7319.jpg 180813ROSIMG_7320.jpg
 180813ROSIMG_7321.jpg 180813ROSIMG_7322.jpg 180813ROSIMG_7323.jpg
 180813ROSIMG_7324.jpg 180813ROSIMG_7326.jpg 180813ROSIMG_7329.jpg
 180813ROSIMG_7330.jpg 180813ROSIMG_7331.jpg 180813ROSIMG_7332.jpg
 180813ROSIMG_7333.jpg 180813ROSIMG_7334.jpg 180813ROSIMG_7335.jpg
 180813ROSIMG_7336.jpg 180813ROSIMG_7338.jpg 180813ROSIMG_7339.jpg
 180813ROSIMG_7340.jpg 180813ROSIMG_7341.jpg 180813ROSIMG_7342.jpg
 180813ROSIMG_7343.jpg 180813ROSIMG_7344.jpg 180813ROSIMG_7345.jpg
 180813ROSIMG_7348.jpg 180813ROSIMG_7349.jpg 180813ROSIMG_7350.jpg

 この時点でかなり疲れが溜まっていたので、ロシア美術館の分館はパスし、夏の庭園にだけ行きます。でもけっこう歩いたよな・・・。
 
 180813ROSIMG_7355.jpg 180813ROSIMG_7357.jpg 180813ROSIMG_7358.jpg
 180813ROSIMG_7361.jpg 180813ROSIMG_7362.jpg  180813ROSIMG_7374.jpg
 180813ROSIMG_7376.jpg 180813ROSIMG_7380.jpg  180813ROSIMG_7385.jpg
 180813ROSIMG_7386.jpg 180813ROSIMG_7387.jpg  180813ROSIMG_7395.jpg

 タクシーでホテルへ戻って小休止してから、ご飯を食べに行きます。また今回も当初目論んでいた店に入れず、さらに遠くの店まで歩くことになりました。
 サーモンのタルタルにビーフ・メダリオン。空腹だったせいもあるのか、今回の旅で最も美味しい食事でした。

 180813ROSIMG_7411.jpg 180813ROSIMG_7413.jpg

 それから、夜になってマイリンスキー劇場へバレエを観に行きます。演目は『SWAN LAKE』。ここマリインスキー劇場から有名になった伝統ある演目です。
 私はこれまでバレエを全く観たことがありません。私の知識は『昴』(曽田正人)で知っているだけという極めて偏ったものですが、あの作品で描いたものに通じるのであれば、前置きなど無くても大丈夫だろうと。
 バレエ鑑賞についての詳細はこちら。

 一つ、公演の途中で、ホテルを出る時に「戻りはいつ頃?」と聞かれ「midnightまでには帰ってね」と言われたことを思い出しました。私は何気なくわかったと応えてしまったのですが、よく考えたら20時開演で2時間50分なので、ホテルに戻るのは遅くなるよな・・・小さいホテルなのだけど、鍵開けておいてもらえるよな・・・という点が気になって仕方がない。
 結果、カーテンコールが終わるやタクシーをすぐ手配して、23時過ぎにホテルに戻りました。ちゃんと待っていてくれました。



五日目

 この日は帰る日です。12時半にサンクトペテルブルク発、モスクワ17時発というスケジュールで、意外と時間がありました。
 10時くらいにホテルを出してプルヴォゴ空港へ。街からアプリでタクシーを頼むと事前手配よりもずっと安いです。

 180813ROSIMG_7501.jpg 180813ROSIMG_7506.jpg 180813ROSIMG_7508.jpg
 180813ROSIMG_7512.jpg 180813ROSIMG_7517.jpg 180813ROSIMG_7521.jpg
 180813ROSIMG_7523.jpg 180813ROSIMG_7530.jpg 180813ROSIMG_7543.jpg
 180813ROSIMG_7550.jpg 180813ROSIMG_7567.jpg 180813ROSIMG_7570.jpg
 180813ROSIMG_7575.jpg 180813ROSIMG_7576.jpg 180813ROSIMG_7579.jpg

 こう見ると、この空港も小さいですね。

 1時間半のフライトで再度モスクワのドモジェドヴォ空港に到着。次の搭乗まで3時間あったので、タクシーで市内弾丸往復も考えましたが、片道90分くらいかかるらしく、諦めます。
 ロシアでの最後の食事はパスタ。イタリアンは世界のどこで食べても美味しいです。

 180813ROSIMG_7582.jpg 180813ROSIMG_7585.jpg 180813ROSIMG_7590.jpg
 180813ROSIMG_7591.jpg 180813ROSIMG_7595.jpg



 まとめ。

 世界で最も北にある100万人都市・サンクトペテルブルク。夏の日は高く、21時くらいまで明るいです。
 気温は、初日こそ最高で30℃くらいありましたが、その他は最高で20℃台前半。外は半袖だと寒いくらいです。ただ、その分建物に冷房設備がないところが多く、陽を多く取り入れる建物の構造と相まって、室内はけっこう暑かったです。前にホーチミンへ行った際、外の暑さと内の寒さで体調を崩しましたが、ここでは逆の構造です。

 ロシアでは犯罪被害とか警官が賄賂をせびるとか色々噂を聞いたせいで、一人旅ということもあり、かなり警戒して行きました。
 荷物はトートバックを肩掛け、さらに貴重品は常にチャックの中に入れ、人種が分かりにくいように帽子装備、といった具合。でも、実際に行ってみるとサンクトペテルブルクはかなりの観光都市で、夏のシーズンということもあり市内は観光客でごった返していました。お盆ということもあり日本人もそこそこ見かけましたが、それ以上に中国人が多く、これだと逆に治安面ではそれほど不安になる必要もないかと。

 ロシアという国はもっと特殊かと思いましたが、少なくともサンクトペテルブルク中心部はヨーロッパの普通の都市です。全てではありませんが英語はある程度通じます。キリル文字が読めない(スマホで検索のために打ち込むことすらできない)のはちょっと大変でしたが、お隣韓国だって同じです。
 今回の旅ではペテルゴフやエカテリーナ宮殿などの郊外の観光地へ行かなかったので尚更かもしれませんが(後者は予約するのが遅れてチケットを取れなかった)。

 物価は基本的に安いです。ホテルも安く高評価のところが沢山ありましたね。
 私がいつも物価を比べるのは清涼飲料水ですが、500ccが自販機で100RUB、店だと最安で40RUBくらいでした。ただ値差はあり、例えば日本からツアー会社経由で観光客向けのパッケージツアーやタクシーを頼むとべらぼうに高くなります。

 ご飯は美味しかったです。醤油が欲しいと思う瞬間もありましたが、それほど高くなく、クセのある料理も無かったですね。

 交通機関に関しては、慣れてしまうとこれほどタクシーを安価に気軽に使えた国は他にありません。今はもうUberで似たようなことができるのかもしれませんが、本当に安かった。
 たまに運転の荒いタクシーもありましたが、そんな車でも信号の無い横断歩道に歩行者がいると必ず停まるのが驚き。これは、ロシア人が日本に来ると怪我しますわ・・・。

 何よりも驚いたのは街の綺麗さ。これまで行った世界各国の中でも、これほど綺麗な街は初めて見ました。広い公園があり運河が流れて良い雰囲気。ゴミが落ちていることも少ない(吸殻は多少ありますが)。
 石造りの建物は長く持つので、ナチスドイツによる包囲戦はおろかロシア革命の頃からの建物が未だ健在なんですよね。

 いい意味で「普通の街」です。ここがかつて共産主義国だったとは俄かに信じがたいくらい。ベルリンの旧東独地域の方がずっと共産主義国らしかったですよ。
 行って良かった。ロシアは日本人にとって敷居の高い国かもしれませんが、是非ともお勧めします。


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 狼になりたい all rights reserved. Powered by FC2ブログ