FC2ブログ

『二人は底辺』(小西明日翔) 

 


 最初に読んだ『春の呪い』の時から、もうベテランかのような雰囲気を漂わせていた(ような気がする)この作者ですが、初掲載が2015年と、まだそれほど日が経ってなかったんですね。氏のデビュー読み切りである今作がKindleで配信されたようです。

 正直、驚きました。
 デビュー作としてのレベルもさておき、この作品は『来世は他人がいい』と舞台を同じくし、ヒロイン・吉乃も共通。その上で、もう一人の登場人物は霧島ではなく翔真なんですよね。つまり、この作者は「この作品」が前提として在りながら、あえて『来世は他人がいい』をああいう構成で描いていることになります。

 この前の2巻は個人的にとても好きです。その要因に、第三の登場人物である翔真の描き方による部分は大きかったと思います。霧島や吉乃ともまた違う形の人間像が加わって、さらに関係が面白くなったような気がするのです。
 ただ、私は、翔真は最終的に霧島に殺されるんじゃないかと思っていました。なにせ男性側の主人公・霧島と真っ向から相対する立場ですから・・・。少なくとも、『来世は他人がいい』がまさか翔真とのハッピーエンドで終わるとはちょっと考えにくい。むしろ、その可能性を取り得ない構成をあえて作品に設けてきたわけです。
 今後の展開だけでなく、(どんな作者でも多かれ少なかれ思い入れがあるであろう)デビュー作の王道的展開を投げ打つ道を選んだ作者のメンタリティにも興味が湧きました。3巻に期待しましょう。


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 狼になりたい all rights reserved. Powered by FC2ブログ